ウォーターサーバーの選び方※おすすめのメーカーを比較しました※

ウォーターサーバーは赤ちゃんのいる家庭におすすめ

子供のミルク作りにウォーターサーバーを利用してみて、その快適さを知ってからは周囲にウォーターサーバーを進めています。

 

実際私も子育ての先輩方に聞いて、ウォーターサーバーを使用し始めたという経緯があり、今はできる限り多くの人にこの便利さを知って欲しいと考えています。

 

赤ちゃんのミルク作りには、とにかく水の安全性が気になるものですが、そういった面でまずウォーターサーバーはとても優秀です。

 

十分に検査を行い、しっかり安全管理をされた水を提供するというのがウォーターサーバーのあり方ですから、赤ちゃんのミルクにも安心して利用することができるのです。

 

ウォーターサーバー http://laurafurtado.com/

 

安全といえばミネラルウォーターなどもそうかも知れませんが、まだ小さな赤ちゃんを抱えて重い水を買いにいくのは大変ですしね。

 

ウォーターサーバーなら注文すればわざわざ水を届けに来てくれるので、どんな時にも水を切らすことなくいられるのが嬉しいです。

 

またウォーターサーバーには飲み頃の水とお湯が常に出るという効果があり、いついかなる時も簡単にミルクを作ることもできてしまいます。

 

これは夜中に子供にミルクを与える時に、とても役立つ機能でした。

 

子育てというのは何かと苦労の多いものですから、短縮できる手間は徹底的に短縮するべきだと思います。

 

ウォーターサーバーはそんな子育ての時短に役立つ、とても便利なものですよ。

 

有名なのはサントリーの天然水 http://www.suntory.co.jp/water/tennensui/

ウォーターサーバーを使っているワケ

私は一人暮らしなのですが、ウォーターサーバーを使っています。

 

もともとペットボトルのミネラルウォーターを愛飲していて、お店でせっせと買ってきていました。

 

でもこれがけっこう疲れるんですね。

 

そんなわけで一時はネットショップで買っていました。

 

これだと家まで業者に運んできてもらえるのでずいぶん楽なのですが、それでも変わらないのは大量のペットボトル。

 

これはさすがに自分で処理しないといけないので面倒だな、と思っていました。

 

 

 

そこで検討したのがウォーターサーバー。

 

今はかなり多くの業者があって、水の品質やウォーターサーバーの使い勝手や料金などは実に様々です。

 

だから慎重に比較して、今のウォーターサーバーに決めました。

 

心配していた電気料金も思ったほどでもなく、トータルで考えたらメリットいっぱいです。

 

自分の気に入った水が飲めるのはもちろん、買って運んだりする重労働やどんどん出るペットボトルのゴミに悩むこともなくなりました。

 

それだけではありません。

 

いつでもほどほどのお湯が出るのでお茶などの飲み物を飲むのにはとっても便利。

 

さらに冷水は夏や風呂上りにそのまま飲むのにも、水割りに使うのにも最適です。

 

 

 

一人暮らしだと誰かがやってくれるってことは基本的にありませんよね。

 

そんな時の強い味方がウォーターサーバーなんです。

ウォーターサーバーを選ぶ時には電気代も気にしましょう

 

健康と水というのは実は切っても切れない関係と言われていますので、毎日飲む水は出来るだけ安全で且つ美味しいものを選びたいものです。

 

スーパーマーケットやドラッグストアなどには様々なミネラルウォーターが販売されていますが、毎日購入するとなるとコスト面がかなり気になるところですし、更に何本も購入したらかなり重くなってしまいますから買い物にも一苦労といったことになってしまいます。

 

 

 

やはり美味しくて安全な水を手に入れるためには、ウォーターサーバーを導入するということが一番お手軽なことではないかと思います。

 

以前とは比べ物にならないくらい健康的な水に対しての需要が増えていますので、ウォーターサーバー業界はさながら戦国時代といったくらい各メーカーが切磋琢磨をしている状況にあるのではないかと思います。

 

ウォーターサーバーを選ぶ際にどこを基準にするかが問題となりますが、意外と忘れがちなのがサーバーを動かす時にかかる電気代なんです。

 

たとえレンタル料や水自体の代金が安かったとしても、電気代がかかってしまっては元も子もありません。

 

インターネット上にはウォーターサーバーの電気代を比較しているサイトもありますので、導入前に参考にされてみてはどうでしょうか。

ウォーターサーバーの容量を確認

 

ウォーターサーバーを利用するとき、それぞれのご家庭の人数に合った容量を購入する必要があります。

 

大家族の方は、それだけ大容量が必要になってきますし、逆にひとり暮らしや二人暮らしなどの人数が少ない場合については、大量に水を購入しても使用することができません。

 

まずは、人数に合った容量を購入する必要があるのです。

 

 

 

ただ、人数ごとにどの程度の水の量が必要になるのか、自分たちで計算するのも面倒になってきます。

 

手間なく水を購入するには、ウォーターサーバーを紹介している専門サイトなどをチェックして、あらかじめどの程度の水の量が必要になるのか確認しておくとよいでしょう。

 

事前に専門サイトを見ておくことにより、家族全員でどの程度の量の水が必要になるのかわかるようになってきます。

 

また、いろいろなウォーターサーバーの会社ごとの水の単価も紹介していますので、一番安い会社を見つけることもできるのです。

 

 

 

このように、ウォーターサーバーを導入する前には、家族分必要になる水の量や、そのためにかかってくる料金などもチェックしておく必要があります。

 

この点を確認しておけば、水が足りなくなってしまうこともなく安心してウォーターサーバーを導入できるでしょう。

 

ウォーターサーバーを導入しよう

 

ウォーターサーバーは自分の会社においていますが、これは結構便利です。

 

やはり自営業をしているとお客さんや得意先の人が来られますし、そこで水道水から作った飲み物とウォターサーバーから作った飲み物とでは、与える印象がまるで違います。

 

もちろん実際作る場面はお客さんには分かりませんが、それでもこちらの気分の問題でもありますし、そういった細かいことが結構大事になってくるのが商売の世界でもあります。

 

ウォーターサーバーを導入したのは最初はお客さんのためでしたが、自分も飲むようになってからはウォーターサーバーの便利さがよく分かります。なんといっても飲み物を別途購入する必要がないので、ウォーターサーバー代を差し引いても結構飲み物代を節約する結果になっています。

 

ウォーターサーバーを使っていなかった時は毎日ペットボトルを購入していたわけですから、今から思うともったいないことをしていたなと思います。

 

ボトルが空になれば業者の人に連絡をすれば、すぐに交換に来てくれますしいつでも新鮮で綺麗な水を飲むことができます。

 

この安心感に関してはウォーターサーバーを導入した人しかわからない感覚だと思います。

 

まずは一度導入して欲しいですね。

 

wikiはコチラ